ゴルフについて

ゴルフについて

ゴルフについて

ゴルフ場の予約 > ゴルフについて

ゴルフについて

ゴルフについて紹介したいと思います。ゴルフというスポーツは、クラブを使って静止しているボールを打ってホールという穴に入れてどれだけ少ない打数でホールに入れられるかということを競争する球技です。ゴルフを感じでかくと孔球と書くのだそうです。ゴルフは静止しているボールを打てばいいだけのスポーツですから簡単に思えるのですが個人で自分との戦いなので、自分の技術や自分の精神力が重要になってくるスポーツだといわれています。ゴルフでは精神力が70パーセントを占めていて、30パーセントが技術だといわれています。どんなに技術があるゴルファーでも、プレッシャーによってパットを外してしまうこともあるみたいです。

ゴルフは、個人で行う競技なのですが、団体戦のゴルフもあります。ゴルフを個人戦で周る場合には、競技している人と一緒にゴルフのコースをまわるというキャディーという人がいます。ゴルフのキャディーはゴルフのクラブを運ぶというのが仕事ではなくてそれと同時に競技をする人にアドバイスするというのも仕事です。ゴルフ、小さい子供から中高年でも始めることができますから、ゴルフはほかのスポーツに比べると高齢でも楽しめるスポーツの一つです。

ゴルフの歴史

ゴルフの歴史について紹介したいと思います。ゴルフが始まったのはイギリスで始まったといわれています。ゴルフはもともとはイギリスの紳士がするスポーツとして行われていましたが、もともとはスコットランドでゴルフが行われていたといわれています。ゴルフという名前は、北欧が起源になっていて、コルフという球を打って柱に当てるというスポーツからゴルフが始まったといわれてますが、オランダノフットコルフェンから来ているとも言われていてゴルフの起源はいろいろあるようです。ゴルフの歴史で初期のゴルフはコースなどは存在していなくてモグラの穴を使ってゴルフが行われているといわれています。またゴルフは今とはルールもやり方も違っていたそうです。

初期のゴルフは、ふたりのゴルファーが、1ホールずつホール内で打数によって勝つか負けるかをきそっているゲームだったようですから今のようなゴルフとは少し違っているようです。ゴルフは比較的古いスポーツで日本でも昔から行われていましたが、今ほどゴルフ場の多くありませんでしたしゴルフは中高年のスポーツというメージが強かったのではないでしょか。ここ数年でゴルフは若い人たちにも人気が出てきましたしゴルフの実力のある若い人たちが増えてきました。

ゴルフのルール

ゴルフのルールについて紹介しいたいと思います。ゴルフの基本的なルールはとてもわかりやすいといわれています。ゴルフはルールといっても自分がどれだけボールを飛ばせることができるのかということが大切なことです。ゴルフでは自分がどれだけ打てて、いかに少ない打数でホールすることが出来るかというスポーツですからゴルフのルールはとても簡単だと思います。やる分にはゴルフは簡単なのですが、ゴルフの打数の数え方やゴルフの打ち方、クラブの種類などを覚えるのがゴルフの初心者にとっては難しいかもしれません。

ゴルフをする時のマナーですがショットの時に作ってしまった地面を削った部分は、自分で治すのがルールです。そして、グリーンの上を歩くときはできるだけグリーンを傷つけないように歩きます。また、当たり前のことですが他のゴルファーが競技をしているときは静かにしましょう。ゴルフのルールはそれほど難しいものではありませんから数回ゴルフをやっていけばすぐにゴルフのルールがつかめてくると思います。ゴルフのルールはゴルフを始める際には重要ではありますが知らなくてもゴルフは楽しめるスポーツだと思います。ゴルフの初心者はルールをキャディーさんに教わりながら周ってみてもいいかもしれませんね。

よく聞くゴルフ用語について

ゴルフの主な用語について紹介したいと思います。ゴルフのホールインというのじゃ1打でホールに入れた場合をホールインワンといいます。そして2打でホールにボールを入れた場合には、イーグルといい、3打でゴルフをしていてホールに入れた場合にはバーディーといっています。そしてゴルフのホールインは4打目で入れたときには、パー、5打で入れたときにはボギー、7打ハプルボギー、8打はダブルパーといったようにゴルフ用語がつけられています。ゴルフ用語のショットも色々なショットがあります。例えばゴルフ用語でショットというのはボールを打つことを言いますし、ティーショットは、ティーイングランドからショットをすることで、アプローチショットというのはグリーンの周りからショットをすること、バンカーショットはバンカーから出すためのショットといったようにゴルフのショットと言っても種類があります。

ちなみにグリーンの上でパターを使ってショットすることをゴルフ用語では、パットと言いますし、ショットしたボールが地面につくまでの距離をキャリーというようにゴルフ予後で入っています。ゴルフ用語で初心者でも知っておいたほうがいいのは、アゲインストと呼ばれる向かい風の事です。逆に追い風はゴルフ用語ではフォローと言います。

ゴルフクラブ

ゴルフのクラブについて紹介したいと思います。ゴルフのクラブを使用してもいい本数は決められています。1人14本までと決まっています。普通のクラブゼットの場合には、ウッドと呼ばれるゴルフのクラブが3-4本とアイアンと呼ばれているゴルフのクラブが8-9本とそしてパターが1本入っているのが一般的なゴルフクラブのセットです。クラブはそれぞれ飛距離を考えて打ちやすく作られていますから、ゴルフをする人は長い距離を打ちたい場合と短い距離を打ちたい場合にはゴルフクラブを自分で使い分けてプレイします。ゴルフのクラブのヘッドには、ロフト角という角度が着いています。この角度に正しく球があたればボールが高く上昇して距離は伸びないようになっています。

ゴルフのクラブは、ヘッドとシャフト、そしてグリップから構成されています。ゴルフクラブは、大まかに分けるとウッドとアイアンに分けられますか、ウッドとアイアンの間の中間の禿頭を持っているユーティリティーというゴルフクラブもあります。ゴルフクラブは3番4番といったように番手がついています。ゴルフクラブの番号が大きくなればなるほど短い距離に向いているデザインになっているようです。

ゴルフについて トップへ戻る